SNSに堕とされる女たち2話 世界中誰も助けてくれない|ネタバレ結末と感想を紹介

 

『SNSに堕とされる女たち』シリーズの

第2話「世界中誰も助けてくれない」

のネタバレ結末と感想をご紹介していきます☆

 

美人同士の戦いの結末はいかに!?

 

こちらも読みごたえのある作品となっています!!

 

第1話の「既読スルーされる女」を知らない方は、

以下よりネタバレしていますので

参考にしてみてください

 

第1話「既読スルーされる女」のネタバレはこちら→

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「SNSに堕とされる」で検索♪

SNSに堕とされる女たち 第2話(世界中誰も助けてくれない)のネタバレ結末

 

舞台は百貨店のコスメカウンター

 

新宿店で働いている主任の槇田杏子は

仕事にプライドをもって取り組んでいる美人系女子だ

 

彼女にとって、このコスメの職場は

やりがいあり、人間関係良好の

大切な居場所の一つだった

 

でも、そんな彼女の職場にあるとき

一人の黒髪美人が転勤してくることに。

 

名前は桐野真麻といい、以前はグループ内の

池袋店に勤務していたという

 

簡単な自己紹介をし合って

仕事をはじめる杏子と真麻

 

初日の勤務は問題もなく、

いい子が来てくれて良かったと

杏子は思っていました

 

でも翌朝――

 

いきなり連絡もなく遅刻する真麻

 

杏子が

「心配していたよ」
「次は事前に連絡ほしいな」

 

と伝えても、

面倒くさそうな返事をされてしまい

あれ?と思ってしまいます

 

そして、コスメ商品を購入したお客様を

2人でお見送りする際に

 

杏子は真麻のありえない発言を聞いてしまいます

 

「あんな高いコスメ買ったって無駄遣いでしょ…」

 

ボソッと放ったその言葉は

確かに杏子の耳に聞こえていました

 

“桐野さんって本当にいい子なの?”

 

だんだんと不信感が高まっていく杏子

 

そして杏子はあるとき、

真麻のありえない行為を目撃してしまうことに…

 

それは真麻が在庫チェックに行っているはずのときでした

 

遅いと思ってバックヤードにいないか確認をする杏子

 

するとそこには真麻が足組して机に座りながら

新宿店の店員の悪口や客層に対して

ひどい暴言を吐いている現実がありました

 

バレてしまったことに気づいた真麻

 

でも、全く悪びれる気配がありません

 

勤務中にサボっていたことを問い詰める杏子

 

コスメ店で働く心構えやプライドを

必死に真麻へ伝えようとします

 

でも、それをきいて

ニヤっとする真麻

 

挙句の果てには、

 

「暴力ふるったし暴言浴びせた、ひどぉい」

 

と言われその場から立ち去られてしまいます

 

唖然とする杏子

 

本部に今日の出来事を伝えても、

まともに取り合ってくれず

むしろ自分の対応が悪いというような

口ぶりでさらにストレスがたまる杏子

 

するとスタッフからSNSの投稿画面を

見せられることに…

 

そこには、さきほど自分が真麻に対して

指導した内容が、悪意をもって編集されて

アップされていました

 

しかも被害者面したコメントもあり、

思わず杏子も身構えてしまいます

 

この一件が広まって、スタッフからも

遠目で見られるようになってしまった杏子

 

毎日色物扱いでみられる環境に

思わず涙してしまいそうになります

 

そこで杏子は真麻を問い詰めることに

 

でも、しらばっくれる真麻

 

そしてさらに真麻の罠に引っ掛かって

スタッフからの信用を失ってしまいます…

 

それから全然眠れずにうつ状態になる杏子

 

しかも編集動画の投稿は

拡散されまくってしまい

 

お客さんまでも色物扱いで

見に来るようになってしまいます

 

そこであの投稿は嘘の情報だと

SNSに書き込んで拡散を狙おうとする杏子

 

でも、これも本人が自演していると思われて

逆効果となってしまいます

 

自分の声は世界中のどこにも届かいない…

 

と涙して落胆する杏子

 

膝をついて泣いていると

いきなり真麻がカメラで自分を撮影してきました

 

真麻を見ると過呼吸ぎみになってしまう杏子

 

真麻は本当に楽しんでいるだけのようです

 

でも、この出来事で杏子はついに

吹っ切れるようになります

 

翌日――

 

いつも以上に張り切って仕事をする杏子

スタッフやお客さんから色眼鏡で見られても

これまでのように落ち込んだ素振りを

見せることはありません

 

そして真麻へも仕事の指示を出して

積極的に使っていこうとします

 

お客さんからも普通にいい人という

評価をもらってさらに勢いづいていきます

 

杏子が蘇って不服に思う真麻

 

真麻はイライラしっぱなしです

 

そんなとき、一人のお客さんが真麻に声をかけます

 

すると真麻は

「いいコスメ買ったところで無駄でしょ?帰れば?」
「聞こえなかった?帰って鏡見てろっつってんの?ブス」

 

といきなりヒステリーを起こしてしまうことに

 

すると今度は真麻が

ほかのお客さんから

カメラを大量に向けられることに

 

その動画が拡散されて、一連の騒動は

真麻の自演だったことで幕引きとなります

 

杏子とスタッフさんとの関係も

元通りとなり一見落着です

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「SNSに堕とされる」で検索♪

SNSに堕とされる女たち 第2話(世界中誰も助けてくれない)の感想

 

コスメ店で勤めていて、

客にブスなど暴言浴びせられるなんて

 

こいつ病気なんじゃねーの?

 

と思ってしまいましたw

 

この手の女は確かに存在するところが怖いですね…

 

2人とも美人だったので

読んでいる方としては

面白かったのですが、

 

さすがに杏子さんは可哀そうすぎたので

無事ハッピーエンドで終わってくれて良かったです☆

 

次はいよいよ後半第3話!!

 

こちらもネタバレをしていますので、

気になる方はチェックしてみてください

 

第3話「匂わせ女の優雅な日常」のネタバレはこちら→

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「SNSに堕とされる」で検索♪

おすすめの記事