SNSに堕とされる女たち4話 悪意の作られ方|ネタバレ結末と感想を紹介!

 

『SNSに堕とされる女たち』の

 

最終4話を読みましたので

 

ネタバレと感想をご紹介しますね♪

 

最終話とあってラストエピソードは

ちょっとほっこりするお話です☆

 

絵柄も可愛いくてハッピーエンドなので

個人的にはこの作品が一番好きかもしれません!

 

それではご紹介していきますね!!

 

第3話の「匂わせ女の優雅な日常」

を知らない方は以下よりどうぞ!

 

第3話「匂わせ女の優雅な日常」のネタバレはこちら→

 

以下より無料ためし読みもできます☆

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「SNSに堕とされる」で検索♪

SNSに堕とされる女たち(悪意の作られ方)第4話のネタバレ結末

 

ハンドメイド作家の三池志野は

今日もフリマに参加して

自分の商品を販売していました

 

志野の商品はとっても人気で

SNSでも話題になったり、

口コミでも広がったりと順調な様子

 

それでもやっぱりお店を出すときには

今でも緊張してしまって、

そわそわしてしまいます

 

そんなとき、本日第1号のお客さんが現れます

 

「わぁ~!」

と言ってやってきたのは

幼稚園児くらいの小さな男の子・勇気でした

 

「ままぁ、こえかあいーね!」

 

志野の作品に目をキラキラさせて眺めている勇気

 

勇気の母であり専業主婦の燈子さんも

志野のファンでSNSもチェックしているらしいです

 

3人とも笑顔で他愛のない会話をしています

 

そうこうしているうちに

お客さんの群れも現れて、

一気に商品も完売してしまいました

 

充実感のある表情をしている志野

 

でも、SNSをチェックしてみると

そこには自分の商品を中傷するコメントが…

 

スマホをギュッと握りしめて

しょうがないと自分を納得させようとする志野

 

でも、やっぱり中傷リプは精神的にもしんどいようです

 

するとまたまた燈子さんが現れて

息子の勇気が投げたボールが志野に当たってしまいます

 

勇気を叱っている燈子

どうやら今度はたまたま居合わせたようです

 

2人でベンチに座りながら日常会話を楽しんでいます

 

志野の作品をベタ褒めする燈子

 

志野は自分の夢を話して

共感してくれる燈子に対し

好意的な感情をもっていて、

 

子育てが大変でも笑っていられる燈子が

素晴らしい人だと思っていました

 

また、燈子も志や夢があって

努力もできて素敵なアクセサリーをつくれてしまう

志野に対して憧れの感情を抱いていました

 

シーンは変わり志野の自宅へ

 

再びSNSをチェックする志野

 

するとそこには先ほど中傷コメントをしていた人が

志野のフォロワーさんにも噛みついていました

 

なんともいえない感情になる志野

 

この中傷リプの人は

以前志野の商品を買っていて

 

すぐに千切れてしまって

使い物にならなくなったため

 

SNSでその内容を発信し、

それに志野が気づいて

 

「商品を送ってもらったら修理します」

 

といったやり取りがありました

 

でも、その際は

 

「購入者に送料を負担させて修理対応はありえない」

 

と言われてしまい、

それ以降中傷リプを

送ってくるようになったらしいです

 

ブロックミュートしちゃおうかな…

 

と凹み具合の志野

 

でも、いつか修理して

使いたいと思ってくれたときに

修理してあげたいな…

 

と思って放置していました

 

そこで思い切って仲良くなった

燈子へのプレゼントを作ろうとします

 

母子ペアルックのシュシュ&スタイ

を完成させて燈子への

プレゼント用に包装する志野

 

そこには燈子に対する感謝が込められていました

 

そしてその写真をSNSにアップすると

またしても中傷コメントが…

 

手が震えて言葉が出なくなる志野

 

でも、そのコメントには

燈子にしか話していない内容が記述されていて、、

 

アカウントの主が燈子であると確信する志野

 

それから数日後――

 

以前、志野が燈子と話した公園に行ってみると

勇気と遊んでいる燈子と出会います

 

「わざわざ会いに来てくれたの?」

 

と笑う燈子

 

でも、志野は知らないフリをしたり

関係性をきってしまったりなど

いくつかの選択肢があるなか

 

思い切って燈子に

中傷リプのことを話そうとします

 

中傷アカウントの画面を見せて

燈子の反応を見ようとする志野

 

すると燈子は悪びれる様子もなく

開きなおってしまいます…

 

そこで志野は、

このアカウントでは酷いことを言うのに

リアルでは仲良くしてくれる理由を

燈子に直接聞いてみようとします

 

どっちが本物の燈子さんなの?

 

それに対する燈子の答えは、

 

どちらも私

 

という何とも言えない回答でした

 

するとここで燈子がヒートアップしてしまいます

 

どうやら燈子は勇気の世話で

ストレスを抱えていて

 

そんなとき見つけた志野のアクセサリーに

救われたことがあったそう

 

でも、せっかく手に入れられたのに

すぐさま勇気に引きちぎられて

 

自分と志野は住んでる世界が違うんだって

触るなって言われた気がして

志野につらくあたっていたようです

 

涙ながらに告白する燈子

 

自分のしたいことでキラキラできる志野に対して

憧れや羨望の気持ちをもっていた燈子は

自分がみじめに感じていました

 

すると志野は燈子の肩をポンっと叩いて

自分の体験談を交えながら

燈子を励まそうとします

 

抱き合いながら燈子を

元気づけようとする志野

 

そしてこのタイミングで志野は

燈子にプレゼントを渡そうとします

 

“友達”への最初のプレゼント

 

そう言われて眼がしらを熱くしながら

泣き崩れる燈子

 

そこで燈子の心の氷も砕け散り

優しい燈子に再び戻って

一見落着というお話です

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「SNSに堕とされる」で検索♪

SNSに堕とされる女たち(悪意の作られ方)第4話の感想

 

ハッピーエンドで何よりです…!!

 

女の嫉妬を描いた作品ですが、

相手は何もしていないのに、

 

嫉妬だけで他人を傷つけられることに

少し驚きました(笑)

 

それをあっさり許してします志野さんは

とても偉大で素敵な女性ですね

 

今作で『SNSに堕とされる女たち』は完結です☆

 

全体的に毛色の違うインパクトのある

ストーリーばかりだったので、

 

かなり読み応えがありましたし

退屈することもなかったです♪

 

むしろどんどんページがめくられていって

続きが気になる気持ちでいっぱいでした!

 

これからもSNSシリーズは応援していこうと思います☆

 

全4話を読んでみたいという方は、

分冊より巻で読む方が安くつきますので

気になるという方は参考にしてみてください!

 

以下より無料ためし読みもできますよ

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「SNSに堕とされる」で検索♪

おすすめの記事